一昨日、あたちママカフェ主催のハロウィンイベントのお手伝いに行ってきました。

いやはや、イベントのお手伝いなんて何年ぶり??
自宅教室メインにしてからの引きこもりぶりったら、ありゃしません💦
なんて自慢してる場合ではなく、このまま引きこもっていては老いが加速する一方なので💦💦
なんて自虐してる場合でもなく、また少しは外に出ようかな~との第一歩でありました😊

この10年で、足立区内のママたちの活動がとても活発化してると思います❗
我が娘たちの幼児期には、ここまでいろんな機会はなかったよなーっと。
素敵なことですね✨

この日もいろんな講師の方たちの講座が開かれていたようです。
私はずっと入口付近で受付やキッズスペースにいたので、結局、全く見てないのですけどねぇ😓
そこで、久しぶりに小さいお子さんと遊びましたー。いやいや、元気だー。ママ、大変だー。ジョイントマットを敷いててもエンドレスに脱出を試みる赤ちゃんを何度も戻したり、バルーンプールから放り出されるバルーンを拾い捲る。ママがトイレに行ってる間に赤ちゃん抱っこ。人見知りしないお子さんにはうっとり癒され、ママ、ママと泣き続けるお子さんには我が娘のかつてを思い出しながら、張り切って高い高いなどしてみる。

そんな、たった3~4時間なのに、夕方、自宅レッスンを終えた後から頭痛~😣
若い頃の自分をほめてやりたいね。いや、若いからできたのか??

で、そうです❗タイトルの内容。
同じようにお手伝いにいらしてた方が、かつて学習センターで親子英語講座をやっていたときに通ってくださっていた方でした‼2期半年ほどの間でしたが覚えていてくださって、私もお話するうちにだんだんと記憶が蘇ってきました。
当時2歳位だった息子くんは、今はもう年中さん。当時からリアクションがよかっただけあって、英語は好きで続けているとのことでした🎵
途中で幼稚園から帰ってきた息子くんも現れて、なんと私のことを覚えてくれていました💕嬉しい💕💕
少しシャイな息子くん、かつて見聞きした英語も、きっと確実にインプットされてることでしょう🎶

幼いうちに、お勉強ではなく遊びの延長で英語をたくさんインプット❣
英語に慣れ親しみ抵抗をなくすことで、のちのお勉強英語への導入がスムーズになります。
こそだて英語・児童英語レッスンに興味のある方は、お気軽にお問い合わせください🎵